ブログ

リフォーム工事業者の選び方

更新日:

選ぶな!こんな業者は危ないよ

こんにちは

齋藤です。

今日はリフォーム業者の選び方についてお伝えします。

実は業者には選び方があるんです。

知ってますか?

業者選びでお困りのあなたのために選び方の基準をお伝えします。

最後まで聞いてね

ここで選ぼう!業者の選び方5つのポイント

選び方の基準は行けの通りです。

業者を選ぶポイント1

一つ目は、人相です。

こんにちは!

正直リフォームコンシェルジュの齋藤です。

【リフォーム業者の選び方】

選ぶ基準が分からないのが
問題ですよね。

基本は専門性の高い人に頼む、
と考えるのが常識です。

以下に該当する工事会社か
職人さん、つまりその道のプロに頼めばいい、
ということになります。

ハードル高くないですか?

ざっと以下のような専門工事の
会社・職人さんがいます。

ガス工事
電気工事
左官工事
水道工事
内装クロス工事
大工工事
床工事
サッシ工事
外構・エクステリア工事
鉄筋工事
外壁塗装工事
解体(内装・建物)工事
土木工事

ところが、専門会社1社で仕事が
完結しないのが「リフォーム」なのです。

専門会社さんであっても、
外注って当たり前の世界なのですよ。

皆さんが見積もりを取る業者の
さらに向こうには、

見積りを出している外注業者
いわゆる「下請け」が存在するのです。

自社で大半の職人を抱えている
大手の地場工務店でさえも
全ての職人は抱えられません。

すぐには習得できない専門性を有し、
かつ専門的な道具が違います。

リフォーム会社1社1社、
外注先が変わるので、
見積り金額が違うのは
当たり前なのです。

建築の世界は「人の貸し借り」
で成り立っています。

皆さんが依頼する見積りには、

リフォーム会社いわゆる元請業者と
元請け業者が外注に出す下請業者の
それぞれの利益の合計が載ることになります。

【相場観を養うには】

失敗するリフォームの見積もり

・何も考えずに
手当たり次第に見積もりを依頼する。
・何をチェックしていいのか分からないまま、
工事総額だけで判断する

素人によくありがちな誤りです。

えっ?普通でしょ?
どうすればいいの?

上記の場合、

この工事は見積もりに含むか含まないかで、
施工してほしいところが施工されてなかったり、

追加費用を請求されてモメたり
嫌な思いをしますよということです。

余程の手抜き工事でもされない限り
裁判しても、払わないといけません。

通常は見積りまでに徹底的に精査します。
契約後に変更があると
変更契約書を作成してまき直します。

コストを厳密に比較したいですか?

建築やリフォームの見積りというと
難しそうなのですが、
結局のところ
「材料費」と「工事費」の2種類です。

これらの相場観が分がれば
本当に安くできるかが決まるでしょう。

一番簡単で良い方法があります。

「ホームセンター」に行くことです。

リフォームで使用する材料、
つまり建材や部材が売っています。

材料代(価格)が分かるということです。

もう一つ。

「ホームセンター」には施工手順書の
リーフレットがあります。

素人でもDIYできるよう、
この施工手順の解説は、
分かりやすく書いてあります。

手間を知っておくことも
施工費用に影響されるので、
役に立ちます。

メーカーのショールームでは
金額が分かりません。

かなりの勉強が要ると思いませんか?
ただ安くして下さいは、
まかり通らないのです。

リフォームにそこまで手間かけますか?

そこで解説していきたいと思います。

【家で何をしたいですか?】

間取りや動線によって
工事の内容は大きく変わって来ます。

どのような暮らしをイメージしますか?

【営業マンは必要なのか】

気に入った専門の職人に専門外のことを
頼みますか?

その人はあなたの理想や希望を
受け入れてくれるでしょうか?

ここで悩みを打ち明けられる
しっかり聞いてプランを考えてくれる
職人であれば最高ですが。。。

それこそが本来の「営業」のお仕事のはずです。

職人は工事はしっかりできるが
お客さんとやり取りをする営業は
苦手という人は多いんです。

ここに営業の存在価値があります。

【問い合わせる時のポイント】

まず、図面に
「どこをどうしてほしい」のか具体的に書いて
寸法も添えてて送ります。

ハードル高そう!
築古で図面無ければ手書きでも大丈夫です。

部材やサイズ、仕様も指定して送ります。

これらが出来たら
まず業者に舐められる心配はありません。

電話して「○○市でリフォームを考えています!」
→メール(FAXでもいい)して
「どこを工事してほしいか図面を送る」
→電話します。「届いてますか?」の確認

これは、「本当にリフォームの工事をする」
と本気で検討していることを、
業者に理解させるために、必要な手順です。

見積り依頼して、
どこも大体1週間から10日で見積り出てきます。

2週間以上かかっているのは
業者は見積もり辞退したと
思った方がいいです。

決まらない儲からないと思ったら
字体するところもあるし、
現地確認すら拒むところもありますが、
そういうものと割り切って下さい。

確認事項は何?

・追加請求は無いか
・やってほしい箇所の漏れはないか
・納期、工程表

工事が決まったら
頻繁に顔を出して
職人とコミュニケーションとってみてください。
営業苦手とかいう割に
ユニークな人も多いです。

そして写真をたくさん撮って
工事中、工事完了直後にチェックしてください。

数か月後とかでは遅くて、
完了直後にしか
クレームが通らない業者もあります。

外壁塗装のお問い合わせは

-ブログ

Copyright© リフォーム工事ならカレンビルド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.